奥津湖

DSC_0002_f.jpg 苫田ダムの完成により誕生した壮大な湖。 自然と調和した美しさは、訪れる人に安らぎと感動を与えてくれます。


湖の畔には湖岸道や公園、案内所等が整備され、約13kmの湖岸道では、春は桜、秋は真っ赤に色づくモミジを観ることができます。


 また、野鳥が多いことでも知られ、湖面には水鳥が、木々からは小鳥のさえずりが聞こえ、心地良いそよ風とともに、安らぎを与えてくれます。自然と一体となった奥津湖は、様々な魅力を感じることができるとっておきのスポットとして、多くの人々が訪れます。

 

  CIMG1142_b.jpg○苫田大橋

奥津湖のほぼ中央に位置する苫田大橋は、左岸と右岸の連絡道にもなっており、長さ230m(61.5m+107m+61.5m)で、橋脚の高さはダム底から約50mにもなります。


 優しく親しみのある印象を曲面の桁で表現し、橋脚上部をV型脚とすることで、あらゆる視点から存在感を確認でる、奥津湖のランドマーク的存在です。

 

 

 


○久田大橋

久田大橋は河内の谷をまたぐ上路式のコンクリートアーチ橋てす。
長さ188m(アーチ支間は112m)、谷底からの高さは約35mあります。
奥津湖周辺の橋の中で唯一のアーチ形式で、
谷間の風景を引き立てる優しいテザインの橋です。

 

 

ukishimabashi.jpeg○浮島橋・浮島

浮島公園は、今から600年前の室町時代に造られ、岡山県で最も古い城跡の1つがありました。
奥津湖で唯一歩いて渡ることのできる島で、360度奥津湖の様々な景色を楽しむことができます。
 また、この浮島に渡る橋「浮島橋」は、
長さ73m、高さ25mの歩道橋で、構造は29個に分割したブロック化した橋桁を
太さ約5cmのワイヤー状の10本のピアノ線を桁の中に通して支える吊床版橋構造です。吊り橋のような形をした独創的な橋です。

 

 

  damuteitei.JPG○苫田ダム

苫田ダムは、洪水調節、流水機能維持、かんがい用水、上水道用水、工業用水、発電を行うための多目的ダムです。(長さ225m、高さ74m)苫田ダム管理所ではダム展示室やダム見学ができます

苫田ダム管理所 0868-52-2151

 

 

 

 

 

 

○箱の杜・箱岩橋

箱の杜は、もとの棚田地形を生かした河畔公園です。
また公園を南北に走る軸線は旧国道179号線跡で、昔の周辺の地形を残しつつ、鎮守の森や移植したオオイチョウが公園の主役となっています。また、箱川から取り入れた水は、三連池となって新しい箱の杜の風景のひとつとなっています。

 

mizunosato_zenkei.jpg○奥津湖総合案内所 みずの郷奥津湖

鏡野町の観光案内をはじめ、オープンデッキで食事をしたりお土産を買うことも出来ます。また、苫田ダムの見学ツアー(要予約)なども行なっています。

奥津湖総合案内所みずの郷奥津湖 

TEL:0868-52-2225

http://www.mirakuru.ne.jp/mizunosato/index.htm

 

 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町河内、久田下原ほか

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号を北へ約15分

■お問い合わせ/鏡野町産業観光課 TEL:0868-54-2987

恩原湖

DSCF0083.JPG岡山県と鳥取県の境にある人形峠の東約9kmに広がる標高700mの恩原高原。その東部に恩原湖があります。
 

 

 

 

 

 

 

sirakaba.JPG恩原湖は、周囲4.5kmあり、周辺には白樺林やカラマツ林が茂る美しい場所で、夏は高原を吹き抜ける風と木漏れ日が涼を呼び、秋は紅葉する木々が湖面に映え、足元を黄色に染まったカラマツのジュータンが敷きつめられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

hyomon.jpg12月下旬から1月にかけて凍り付いた湖面には"氷紋"が現れることがあります。"氷紋"とは直径5~6メートルから30メートルほどの円模様のことです。凍てついた湖面に青みがかった大小の白い氷の渦巻き模様が無数に現れて湖上に神秘の模様を作ります。

 

 

 

 

 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町上齋原

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号→国道482号 約55分

■お問い合わせ/鏡野町産業観光課 0868-54-2987