妖精の森ガラスについて

妖精の森ガラス美術館からのお知らせ

妖精の森ガラス

妖精の森ガラスは、鏡野町の地域資源であるウランを使い、妖精の森ガラス美術館の工房で作ったウランガラスです。鏡野町では、ウランガラスが神秘的な蛍光を放つ姿が、闇の中で輝く妖精を思わせることから、このガラスを「妖精の森ガラス」と名づけました。 妖精の森ガラスは、材料の質が高いことから、ガラスがきれいな発色をします。また、切子の装飾などを加え、工芸的な付加価値を高めています。

ウランガラスとは、どんなもの?

ウランガラスは、ガラス原料に着色剤として微量のウランを混ぜたもので、紫外線が当たると、人間の目に最も敏感で綺麗に映る緑色の蛍光を放ち、代表的な色として黄緑色に発色します。これは、ウラン原子が紫外線のエネルギーを吸収し、元に戻るときに、人間の目に緑色に見える光を出すためです。だから、紫外線を含む太陽光が当たると、一段と綺麗に輝きます。

ウランガラスの小史

1830年代にボヘミアで生産が始まり、生地の美しさが話題を呼んで19世紀の間にイギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどヨーロッパ各地に広まりました。19世紀半ばにはアメリカに伝わり、第二次世界大戦でその製造が途絶えるまで、世界中で人々に最も人気のあった色ガラスとして、食器や酒器、花器、アクセサリーなどが、沢山作られました。
日本でも明治の初期に、近代的なガラス製法とともに着色剤としてウランが導入され、大正から昭和の始めにかけて、食器、酒器、時計、照明具などが盛んに作られました。

その後、第二次世界大戦の時、各国はウランを専ら軍事用に利用しようとしたため、ガラス工場では使えなくなりました。戦後ほとんど作られなかったのですが、近年、チェコやアメリカで復活してきました。日本では当館の立地する、ウランの産地、岡山県鏡野町上齋原で、人形峠産のウランを使って純国産のウランガラスが作られるようになりました。

[  ウランガラスの安全性  ]

ウランと聞くと「怖いもの」という印象がありますが、ウランガラスに含まれているウランの量はごく微量なので、放射線の心配はありません。現在、妖精の森ガラス美術館で使用しているウランガラスは、含有率が0.1%(重量比)と大変低いので、ワイングラス1個から出ている放射線の量は、人間の体内でカリウムが出している放射線量にほぼ等しく、日常、飲食に用いても問題ありません。