フロアガイド

各フロアのご紹介

美術館館内のご案内
美術館の全体は、ウランガラスなどを展示する美術館棟と、ガラスを制作したり体験を行う工房棟からなっており、美術館棟とガラス工房棟が連絡通路で結びついています。そのため、歴史的な名品を鑑賞した後、すぐに現代のものづくりの現場に立ち会うことができます。工房での制作風景は、2階の工房研修スペースから見ることができます。また、ガラス作りの体験ができます。

2階

企画展示室

2階企画展示室では年2回、美術や工芸、特にガラスの歴史や現在を紹介する小企画展を開催しています。

企画展示室

企画展示室

1階

常設展示室

妖精の森ガラス美術館の常設展示室には、製作年代のはっきり分かっているウランガラスとしては世界最古のものである1840年製のミルクピッチャーや、エミール・ガレの花瓶、ワイングラスやネックレスなど、19世紀以降のウランガラスが展示されています。形の美しさとともに、紫外線を当てた時に生じる蛍光の神秘的な輝きをお楽しみ頂けます。

常設展示室

エミールガレ 「花蝶文化器」
エミールガレ 「花蝶文化器」
エパーン
エパーン
バーミーズグラス
バーミーズグラス
ネックレス
ネックレス

常設展示室

アートショップ

工房で作られた世界的にも珍しい「妖精の森ガラス」によるグラス、アクセサリーなどのオリジナルグッズを中心に、国内外のガラス作家の作品、妖精グッズなどを販売しています。

アートショップ

ショップ商品一例
ショップ商品一例

アートショップ詳細情報

ガラス工房

ガラス工房では「妖精の森ガラス」をはじめ、様々なガラスを製作しています。ガラス体験を行うことができます(要予約)。

ガラス工房

ガラス工房のページへ

各フロア