イベント

妖精の森ガラス美術館で開催されるイベントの紹介

「Glass Zoo ~ガラスの動物たち~」始まりです。

先日の西日本豪雨では岡山県内だけでなく、広い範囲で大きな被害が出てしまいました。

ガラス美術館は大きな被害はなかったのですが、

鏡野町内でも土砂崩れで家屋が倒壊したり、国道が寸断されるといった被害がありました。

なにより倉敷市真備町の浸水被害は甚大です。全てにおいて、一刻も早い復旧、復興を切に願うばかりです。

 

2階の展示が変わり、今日から夏期の展覧会「Glass Zoo ~ガラスの動物たち~」がスタートしました。

三人のガラス作家の「いきもの作品」と、鏡野町オリジナルウランガラス「妖精の森ガラス」で制作していただいた作品を展示しています。

 

こちらは岡山県在住の有松 啓介(ありまつ けいすけ)さんの作品たち。

可愛らしい表情の動物たちです。

 

静岡県より、生島 賢(いくしま けん)さんの「クロサギ」。

石やドジョウもガラスでできています。

 

長野県在住の加倉井 秀昭(かくらい ひであき)さんの作品「オコジョさん」

つぶらな瞳が何とも言えません。

 

他にもいろいろな動物、いきもの作品を約50点展示しています。

夏休み期間も開催中ですので、ご家族でガラスの動物たちに会いにきてください。お待ちしています。

一覧へ戻る