記念館・遺跡

たたら展示館

tatara-tenzi_12_cc.JPG日本古来の「たたら」製鉄が古くから行われてきた富地域。鍛冶屋谷たたら遺跡にはたたら(溶鉱炉)跡をはじめ、たたら師の村の跡が良好な状態で保存されています。たたら展示館では日本の文化や産業に大きく貢献してきた、たたら製鉄を詳しく紹介し遺物を展示しています。

 

 

 

 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町富西谷118

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号→県道56号 約30分

■お問い合わせ/鏡野町富振興センター TEL:0867-57-2111

五葉邸(ごようてい)

天保年間(1830~1843年)に押阪本家より分家して建てられたものと推定されます。現在では都市住民と山村住民の交流拠点施設として整備されています。

 

 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町富西谷118

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号→県道56号 約30分

■お問い合わせ/鏡野町富振興センター TEL:0867-57-2111

鍛冶屋谷たたら遺跡

標高750mの山中にたたら(溶鉱炉)跡をはじめ、金池、元小屋、作業場、山内小屋、金屋子神社、稲荷神社、及び作業員の墓地などハイキングコースとして整備されている。順路に沿って一連の山内施設(たたら師のむら)の跡が見学できます。

 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町富西谷2156-2他

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号→県道56号→県道65号を北上 (約40分)

■お問い合わせ/鏡野町富振興センター TEL:0867-57-2111

たたら記念館

たたら記念館c.jpg江戸時代から明治初期にかけて、越畑は「たたら製鉄」で栄えました。ここにはたたらの模型を展示してあり、当時の様子をしのぶことかできます。

 

 

 

 

 


■所在地/岡山県苫田郡鏡野町越畑95

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号→県道75号 約35分

■お問い合わせ/鏡野町産業観光課 TEL:0868-54-2987

旧森江家

IMG_1481_cc.JPG江戸時代中期、およそ300年前に建てられた岡山県の代表的な入母屋造りの山村農家です。日々の生活から生み出された構造と間取りの工夫が顕著に見られ、当時の生活を感じさせます。茅葺き屋根が大きく、どっしりと落ち着いた外観が特徴です。昭和44年に国指定重要文化財に指定されました。

 


 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町富西谷118

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号→県道56号 約30分

■お問い合わせ/鏡野町富振興センター TEL:0867-57-2111

万葉の道

manyou_01c.jpg香々美から越畑まで約16km続く道沿いに、万葉集にも詠まれている植物のうち、50種が詠みこまれた短歌を標柱に彫りこんで立ててます。

 

 

 

 

 

 

 

 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町香々美~越畑

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号→県道75号 約15分から35分

■お問い合わせ/鏡野町産業観光課 TEL:0868-54-2987

大野の整合

ono-seigou_17-2c.jpg県指定 天然記念物(昭和31年4月1日付)
国道179号線男女山橋南の香々美川右岸に露出している、新生代第三紀(今から約1500万年前)にできた泥岩と砂岩の互層です。
 この地層は、海であった当時、川から土砂が何回となく流れこんで海底に堆積してできたものです。

 

 

 

 

■所在地/岡山県苫田郡鏡野町竹田520-1他

■アクセス/中国自動車道院庄IC→国道179号 約7分

■お問い合わせ/鏡野町産業観光課 TEL:0868-54-2987